トピックス

  • トピックスはSNSに移行しました
                
  • 2018.03.04 【皿鉢祭&コンシェルジュ】
     3月4日(日)「第50回南国土佐皿鉢祭」が開催されました。50年の節目で「祝」をテーマに作られた皿鉢は、いつもより豪快な大作が揃い、大勢の方が楽しまれました。
     本校も江戸時代の皿鉢の再現、歴史表現の皿鉢料理を出品しました。地味ではありますが、皿鉢の歴史を多くの方に理解して頂けたものと思っております。今年も生徒8名が「皿鉢祭コンシェルジュ」として案内役のお手伝いをさせていただきました10時から5時30分大橋通りでお客様の様々なご質問に対応し、大変好評のうちに終わることができました。
  • 2018.03.03-04 【漫画飯が土佐のおきゃくで】
     今年も第4回全国「漫画家大会議」が開催され、昨年来、好評の「漫画飯」は会場を土佐の「おきゃく」(高知市中央公園)に移しました。
     今年の出品料理の再現は、クッキングパパから「みそモツ鍋」と中華一番!から「エビチリチャーハン」の2品です。本校の和洋中の実習教員が腕によりをかけて、土佐の「おきゃく」で賑わう会場の中でも、その美味しさは際立ちました。旨い料理は当然ながら、呼び込みの声、礼儀正しい学生さんの立ち振る舞いなどもイベントを大いに盛り上げました。スタッフの皆さんお疲れ様でした。
  • 2018.02.27 【献血】
     2月27日(火)、卒業を前に恒例の献血ボランティアの日でした。
     高知桜ライオンズさんのご協力で、400ml献血者は、26名中21名、ドナー登録は2名でした。少しお役に立てたとうれしく思います。
  • 2018.02.12 【牛乳料理コンクール】
     高知県酪農連合協議会主催の「高校対抗!第4回高知家の牛乳料理コンクール」が2月12日(月)本校で開催されました。今回はなんと!51件の応募があり、一次審査で選ばれた9チームでの実技対決です!!
     始めはとても緊張していましたが、いざ料理を作り出すと、声がけをし、チームワークが良くとれていて、テキパキと作業が出来ていました。高校生の創作料理は魅力的でオリジナルな物ばかりで、見ていて、とても楽しませてもらいました。
     コンクールは大接戦の中、高知農業高校の「高知の園芸野菜たっぷり!ししとうのグリーンカレーゆず風味」が最優秀に輝きました。そして優秀賞に選ばれた室戸高校、高知商業高校の皆さん、入賞された皆さんおめでとうございました。これからも牛乳・乳製品そして県産食材を使った料理をたくさん作ってください!皆さん本当にお疲れ様でした。
  • 2018.02.03 【卒業料理展44】
     大陸から数年に1度の極強寒波が続く中の、春、節分の今日、44回目の卒業料理展は晴れやかに迎える事ができました。昨年同様、前日のRKCテレビ「eye+スーパー」の生中継の影響で昨年より一段増しで、放送された料理やお菓子を求める長蛇の列、最後尾は遥か彼方に感じられました。お客様は礼儀正しく、整列して頂き、終日たくさんのご家族連れなどで賑わいを見せ、美味しい、楽しい、笑顔いっぱいに輝いていました。
     展示を担う生徒たちの作品はどれもこれも、とても素晴らしく、大勢のお客様よりお褒めのお言葉をたくさん感動を与えてくれました。製菓衛生師科の生徒たち作品は全てがお菓子で作られており、美味しそう、食べたいなぁ・・・と、今にも手が飛びそうな光景が何度もありました。
     また、常連の春野高校や海洋高校をはじめ、各種団体様のご協力ご出展、誠に感謝しております。お蔭様でより一層の賑わいをご提供いただきました。
     生徒たちは レストランに、館内接遇や、惣菜、菓子販売などそれぞれの役割に一生懸命に務め、お客様に笑顔で接して最後までよく頑張りました。
     お蔭様をもちまして恙なくイベントが開催できましたことをとても感謝しております。関係者の皆さま大変お疲れ様でございました、ご来場の皆さま大変ありがとうございました。
  • 2018.01.08 【成人の日記念講座 土佐の作法】
     1月8日(月)、高知城歴史博物館で、「成人の日記念講座 土佐の作法」が開催されました。新成人の人たちに、これから社会人として必要な宴席マナーを教えるという趣旨の会です。今や忘れ去られようとしている作法の数々を改めて考える、いい機会になったと思います。
     新成人は少なかったのですが…まず、「土佐の儀礼とお酒の作法」について、「土佐の暮らしの文化を守る会」の岩井信子会長が講義、その後、当校の三谷校長が「皿鉢の歴史や種類」について説明し、日本料理教員の小谷が「皿鉢料理」の盛り方を講習、その皿鉢を皆で試食するというぜいたくな内容でした。
     「美味しい!」「これはどう作ったの?」という声が沢山あり、3枚の皿鉢はあっという間になくなりました。最近は皿鉢料理で返盃という宴席の機会も減ってきたように思いますが、高知ならではの食文化、若い世代にも受け継いでいただきたいですね。
  • 2017.12.17 【第15回魚河岸かいよう】
     寒さが一段と激しくなるこの時期、今日は風もなく、穏やかで絶好のイベント日和になっていました。今年で15回、「魚河岸かいよう」は11月開催の「海洋祭」共々、高知海洋高校が開催する完全に定着したイベントです。毎回、缶詰を求めての長蛇の列が並ぶ、大変お行儀の良いイベントとなっていました。
     今年もRKCにも長蛇とは言えませんが、20名程の方が並んで、特製シフォンケーキやカップケーキをお買い求めいただき、いつもより多めのケーキ類は瞬く間に完売し、求め損ねた方々より残念がるお言葉を頂戴しました。
     一方、豚汁もケーキ類とは同じようにいかないけど、天候にピッタリの商品は順調にお買い求めいただき、美味しかったよとか調味料を尋ねるなど、お客様の喜びが伝わってきた一日でした。
     13時からは9代目ツナガールによる恒例の「マグロパフォーマンス」、今年は今回で19回目と各種イベントに引っ張りだこ”可愛い女の子の2人組”。解体を解説するパフォーマーの進行の中、30キロを超える鮪の解体にはパワーも必要なのに終始ニコニコと近くの観客に肉片が飛ぶのでなどを気遣いながら、10分ほどで美しく下ろされていきました。生マグロはその場で観客にとてもお安く販売されて、満足感・満腹感いっぱいのイベントは閉じられました。
     皆さま、たいへんお疲れ様でした。
  • 2017.12.04 【洋菓子専門誌「GATEAUX」に登場】
     GATEAUX 12月号にFLASHとして、高知県洋菓子協会コンテスト開催の模様、結果が掲載されました 。
     RKC調理製菓専門学校がマジパン細工コンテスト部門で3名が賞に輝き、作品が並んで掲載されました。すごくうれしいです。  
  • 2017.12.02 【中国四国食育交流会 in 高知】
     12月2日(土)13:00より、本校に於いて、中国四国農政局主催による、「中国四国食育交流会 in 高知」が開催されました。テーマは「伝統料理の魅力再発見 和食文化の継承」で、受講者・関係者合わせて70名近い人たちが集まりました。
     前半は、土佐の郷土料理である「田舎寿司」の調理実習。講師は土佐伝統食研究会の永尾朱美先生で、「筍・椎茸・こんにゃく・みょうが・りゅうきゅう」のおすしの歴史やつくり方を丁寧にご指導くださいました。それぞれ個性的な味を持つ高知ならではのおすしに皆大満足、舌鼓を打ちました。
     試食の後は、事例発表と意見交換会。パネラーには土佐料理伝承人の島田千恵さん、本校の三谷英子校長、本校生徒の寺石亮の3人。それぞれの立場から「郷土料理を若い世代に継承するために」と言うテーマで意見発表を行い、その後会場からもさまざまな活動体験や意見が発表されました。差し迫ったテーマだけに、皆知恵を絞って行動を起こしている様子を知り、有意義な交流会となりました。
     (寺石亮 談:心臓がバクバクしました。伝統料理を継承するのは大事なことだと痛感しました。)
  • 2017.11.08 【本物のコーヒー②】
     6月に続いて2回目の「コーヒー」の授業。ハマヤ株式会社の小橋先生から、今回は「エスプレッソ」についてご講義を受けました。
     深煎りの香ばしい豆を極粉砕し、わずか20秒という短時間で一気に抽出するのでエクスプレスexpress「速い」が語源だとか。しっかり苦みをたくわえ、ほのかにまろやかさも感じるとろみのある味わい。生徒たちは、フォームドミルク(マシーンのスチーム機能で泡と液体を混ぜたもの)をこれに注ぎ、くまやハートのラテアートも練習し、気分はすっかりバリスタ!?
     中には、「将来、Caféを開きたい…」 という夢が、また大きく加速した人もいました。
  • 2017.11.05 【留学生と小学生の交流事業】
     11月5日(日)、本校に於いて、高知桜ライオンズクラブ主催で「留学生と小学生が一緒に巻きずしと茶道体験」事業が開催されました。
     指導は日本料理担当の小谷先生。生徒11名もボランティアで参加しました。皆さん熱心に取り組み、「太巻き、細巻き、梅の花の細工寿司」と、どれも上手に美味しくできました。試食後は立礼での茶道体験、指導は高知桜ライオンズクラブ会員の冨田先生。茶筅を使ってお茶のたて方、いただき方の作法など、短い時間でしたがとても勉強になったようです。しっかりコミュニケーションも図り、再開を約束したり、一緒に写真を撮ったり、老若男女ニコニコ笑顔の交流事業でした。
  • 2017.10.29 【かざりパンコンテスト】
     10月29日にイオンモール高知にて”かざりパンコンテスト”が行なわれました!!
     9月にはマジパンコンテストもあり、1ヶ月しか作製期間がない中、放課後も残ってコツコツと、努力してきました。
     本校からは17作品を出品!その中で3つの作品が賞をいただく事ができました!!生徒は初めてのチャレンジで大変だったと思いますが、短い時間で、しっかり仕上げられた事が、これから先も役立っていく経験になったと思います。
  • 2017.10.15 【CO2排出削減促進事業(高知市主催)】
     10月15日大橋通り商店街にて「エコカーで0円クッキング」というイベントが行われました。
     このイベントは子供たちが、商店街や日曜市の規格外や賞味期限が近くて捨てられてしまう食材を集め、その食材を電気自動車の電気を使って調理するというとっても”エコ”なイベントです!
     調理のデモンストレーションを本校の実習教員が担当しましたが見事な包丁さばきに、子供たち みんな興味津々!今回作ったものは、あんかけ焼きそば・豚汁・リンゴのコンポートです。出来上がった料理はもちろん試食!。みんな美味しそうに食べてくれました。
     試食の後には環境についてのお話があり、子供たちはエコについてたくさん勉強ができたようです。
     地球温暖化ストップに向けて今回のようなエコなイベント、どんどん参加していきたいですね!
  • 2017.09.21 【叶う短期留学】
     2015年12月、フランス、マルセイユの公立調理師学校「リセ・オテリエール・デウ・マルセイユ」と姉妹提携を結んでから早1年半。本校より初めての研修生、西川碧波くんを、第1期生として、去る9月21日、送り出しました。
     やっと秋めいてきた早朝の高知龍馬空港。ご家族、友人、下級生、教職員に温かく見守られ、JAL0490便が出発したのは、7:10AM。長旅の疲れを吹き飛ばすほどの眩しい(彼いわく)晴天のシャルルドゴール空港を経由して、マルセイユに到着したのは、日本時間で翌日の朝3時、20時間をかけてのフライトです。
     滞在期間中は、広々とした学校の寮の一室を無料でお借りでき、この研修期間中の経費は、交通費と食費とおこづかい…。学校で、フランス人の生徒さんたちと共に授業を受けたり、マルセイユ市内のレストランの厨房で研修させて頂いたり、と盛りだくさんのスケジュールをこなしていく彼の3ケ月後の成長が楽しみです。
     西川くんの次に続く勇者は“あなた”かもしれません。また、彼の研修報告も、トピックスで載せることができればと思います。
  • 2017.09.01 【ボランティア活動「献血」】
     9月1日(金) 生徒全員登校で、にぎやかにスタートした2学期。今日は始業式の後、「高知県赤十字血液センター」より、献血バスがやってきました。本校のボランティア活動に、いつも寄り添っていただいている「高知桜ライオンズクラブ」の皆様のご協力のもと、献血ボランティアをさせていただきました。
     体重50㎏以上、朝ごはんもしっかり食べ、昨夜の睡眠時間も充分で、この夏の暑さにへこたれなかった22名の強者たちが行った400ml献血。「血液の保存って、21日しかできんがやって… 」初めて聞く情報に驚きの声をあげ、献血車の中では神妙な面持ちで、ベッドに横たわっていました。
     骨髄バンクにも、5名の生徒がドナー登録しました。
  • 2017.08.21 【ボランティア活動「こどもの居場所」(サロンさわやか)】
     8月21日(月)9時~15時 高知県立大学のサークル「こどもみらい塾」の皆さんの企画に「高知桜ライオンズクラブ」「RKC調理製菓専門学校」「さわやか高知」が協力して実現しました。こども19名を中心に5歳~80歳代まですべての年代が勢ぞろい、文字通り楽しい多世代交流となりました。
     昼食はもちろん当校が担当、メニューは「カレーライス、サラダ、ザリー」。何とカレーライス3杯おかわりというつわものもいてビックリするやらうれしいやら・・・・、「モヤシ」や「たまねぎ」というニックネームまでつけられました。
     けん玉・おはじき・折り紙など昔遊びしたり、宿題をしたり子供も大人もとても楽しいひとときを過ごしました。
     8月25日(金)・29日(月)とあと2回開催予定です。
  • 2017.05.26 【本物のコーヒー】
     本日は、高知県生活衛生営業指導センター専務理事の西森一誠様ご協力のもと、高知県喫茶組合の理事長 篠原重宝先生をお迎えして、コーヒーについて授業をしていただきました。パンやケーキのお供になくてはならない存在となっているコーヒーの歴史や、高知県の喫茶事情など、貴重なお話を沢山お聞きすることができました。
     また、授業の後半ではコーヒーのペーパードリップに挑戦。同じ種類のコーヒー豆を使い、同じ量の粉で淹れても、注ぐお湯の量やタイミングなど、その人の淹れ方によって味が全然違うことにびっくり。「これはおいしいけど、これは苦い!」「何でこんなに濃い味になるが!?」など、お互いに淹れたコーヒーを飲み比べ、感想を言い合いました。缶コーヒーでもインスタントでもない、”本物のコーヒー”を飲んだのは、ほとんど初めてだった様子。砂糖とミルクを山ほど入れて飲む生徒が続出していましたが、”本物の味”を知ることは出来たのでしょうか……?
     「自分が美味しいと思ったものを、お客さんにも自信を持って出しましょう」という先生のお言葉を胸に、まずは自分が納得できるものを作れるよう、これからも知識・技術を身に付けていきましょうね。西森様、篠原先生ありがとうございました。
  • 2017.04.10 【入学式】
     平成29年度の調理師科・製菓衛生師科の入学式がたくさんの方々に祝福を受けながら本日、本校にて執り行われました。
  • 2017.03.18 【4校合同オープンキャンパスin幡多】
     3月18日(土)幡多地区でのオープンキャンパスを四万十市中央公民館で開催しました。
     今年の調理は中国料理 ”あんかけチャーハン”に挑戦して頂き、楽しい美味しいイベントも無事に終了しました。高校生の皆さんご参加ありがとうございました。スタッフの皆さまお疲れ様でした。来年もやりますよ!
  • 2017.03.15 【旅立ち】
     3月15日。寒さの中に春の気配を感じる今日、平成28年度RKC調理製菓専門学校卒業式が行われました。
     まるでいつも通りの学校が始まるかのように和気あいあいと登校してきた卒業生たちでしたが、式典が始まるとそれぞれの1年間の想いがこみあげてきたのか、感慨深い表情で背筋を伸ばし前を見据えていました。
     式典ではご来賓の方々よりたくさんのご祝辞や心あたたまる励ましのお言葉を頂きました。緊張の面持ちの卒業生の後ろではご家族の方々が嬉しそうに、また、涙を流して皆の門出を見守りました。
     互いに作った料理やお菓子を分け合い、交流してきた調理師科43期生と製菓衛生師科1期生。学科も年齢も関係なく放課後に仲良く練習に励む姿は大変ほほえましいものでした。
     夕方からは城西館にて卒業パーティーを行いました。工夫をこらした催し物と美味しいお料理に囲まれて学生最後の日を華やかに過ごしました。
     1年間を共に過ごした仲間との別れはどんなに写真を撮っても話をしても名残惜しく、寂しいものです。学校にもいつでも遊びに来て下さいね。卒業生の活躍を教職員一同応援しています。ご卒業、おめでとうございます。
  • 2017.03.11-12 【漫画家大会議】
     3月11日(土)、12日(日)の両日、高知市文化プラザかるぽーとで、文化庁の文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業第3回全国「漫画家大会議」inまんが王国・土佐が開催されました。
     11日の初日は、ようこそ まんが王国・土佐へ オープニングセレモニーより、全国からたくさんの老若男女が大集合!! セレモニー参加者には「漫画家汁」のチケットを配布、「漫画家汁」はRKC調理製菓専門学校が漫画家の先生方からの案で生まれた”闇鍋”ならぬ『漫画家汁』、明太子やマロニーちゃんや酒盗、かんざしなど10種の味が楽しめる椀に仕上がりました。
     頂いた方の感想はまず、面白い、甘いものが何?、色んな想像が巡るこの世界ならではの愛嬌と味覚を楽しまれていました。また、マンガ作品に出る料理を再現!。クッキングパパから「みそモツ鍋」、中華一番!から「エビチリチャーハン」グラゼニから「唐揚げチャーハン」を 本校の和洋中の実習教員がレシピ通りに再現、漫画家うえやまとち先生はみそモツ鍋を試食、納得いった表情で辛味のとり方など旨いお墨付きが!!。 3品とも食べるお客様も多数出現!?舌でも漫画大会議の楽しさ、高知の美味しさもご堪能いただきました。
     本校の良さは味もさながら、ウグイスのような呼び込みの声、礼儀正しい学生さんの立ち振る舞いが、ひときわ映えてました。スタッフの皆さんお疲れ様でした。
  • 2017.03.07 【こどもパン作り】
     3月7日(火)高知若草養護学校子鹿園分校、小学生の子供たちがパン作りの体験に来てくれました♪ きちんと始めのあいさつもしてくれて、とても可愛かったです。
     一緒にミニ帽子パンを作りました!!パン生地を丸める所からスタートです!!手でやさしくコロコロまるめて発酵機に入れて、ふくらむのを待ちます。その間にパン生地を作る体験もしてもらいました。とても「力」がいる作業ですが、最後までしっかり頑張ってこねてくれました。
     そして!発酵ができたパンに帽子生地をかけます!学校で何度か作ったことがあるようで、みんなとっても上手に可愛いミニ帽子パンが出来上がりました (^O^)
     機械を見たり焼いているパンをのぞいたり、興味を持ってくれたようで良かったです。焼きあがったパンをおいしそうに食べてくれて嬉しく思いました。また学校でも作ってみてください☆
     歩いたり、電車に乗ったり遠い所、来てくれてありがとうございました。
  • 2017.03.05 【皿鉢祭 コンシェルジュ(ボランティア作品案内スタッフ)】
     3月5日(日)「第49回南国土佐皿鉢祭」が開催されました。「志国高知幕末維新博」の開幕2日目とあって例年より賑わった感じです。
     本校も作品(江戸時代の皿鉢の再現)を出品しました、特に今年は生徒9名が「皿鉢祭コンシェルジュ」として案内役のお手伝いをさせていただきました。10時から5時30分大橋通りでお客様の様々なご質問に対応し、大変好評のうちに終わることができました。
  • 2017.02.26・27 【ボランティア活動】
     毎月1回の高知市中央公園の早朝清掃ボランティアや年間2回の献血&ドナー登録に、1年を通して協力しております。2月26日(日)は早朝清掃をたくさんの生徒が参加して公園の美化に汗を流し、27日(月)には献血&ドナー登録を行いました。
     献血は受付22名、400ml献血者が19名、骨髄バンクドナー登録 4名 と大勢の学生と教員が協力しました。清掃ボランティア、献血活動を支えております「高知桜ライオンズクラブ」の皆様にも応援を頂きました。
  • 2017.02.15 【五感を使ったハーブ園見学♪】
     製菓衛生師科の授業の一環として、高知市福井にある「まるふく農園」さんへハーブ園の見学に行きました。
     まず初めにハーブを使った商品やまるふく農園さん独自のハーブ活用法、人気のパンの作り方についてお話していただいた後、ハーブ園を見学させていただきました。パイナップルの香りがするものや、みかんの香りがするもの、淡い色のものや生命力あふれる濃い色をしたものなど、一口に「ハーブ」と言っても様々な種類があり、生徒たちは香りや色を堪能しつつ熱心にメモを取っていました。
     見学後は、ハーブ園で優雅なティータイム。ハーブ入りの焼きたてパンに、フォカッチャ、シフォンケーキにアイスクリームにハーブティー……どれもとても美味しくいただきました。
     現地での学習ならではの、五感をフルに使った贅沢な見学でした。楠瀬先生をはじめ、まるふく農園の先生方、本当にありがとうございました。
  • 2017.02.12 【牛乳料理コンクール】
     高知県酪農連合協議会主催(審査委員長 三谷英子)の「高校対抗!第3回高知家の牛乳料理コンクール」が2月12日(日)本校で開催されました。
     予選を勝ち抜いた高校生たちが緊張した面持ちで入って来ました。1時間という短い時間の中、とてもテキパキと一人ひとりの分担が出来ており、どのチームもたくさん練習したことが伝わってきました。アイデア豊富な料理が多数あり、見ていて楽しく幸せの香りがいっぱいになっていました。
     このような接戦の中、嶺北高校の「コロッケ風春巻きレタス包み」が最優秀に輝きました。これからも牛乳・乳製品そして県産食材を使った料理をたくさん作ってくださいね!高校生のみなさん、関係者のみなさん本当にお疲れ様でした。
  • 2017.02.04 【卒業料理展】
     暖かな冬、晴天立秋の今日、43回目の卒業料理展は開催されました。
     昨日のRKCテレビ「eye+スーパー」での生中継などの影響で学校を囲む行列ができる光景で始まり、終日たくさんのご家族連れなどで賑わいを見せ、美味しい、楽しい、笑顔いっぱい堪能して頂きました。
     展示を担う生徒たちの作品はどれもこれも、とても素晴らしく、大勢のお客様よりお褒めのお言葉をたくさん頂戴しました、今年は製菓衛生師科がスタートして初めての卒業料理展、製菓衛生師科の生徒たちのお菓子の大作も並び、華やかさは従来に増して盛り上がりを見せました。
     また、いつもの春野高校や海洋高校をはじめ、各種団体様のご協力ご出展、誠に感謝しております。お蔭様でより一層の賑わいをご提供いただきました。
     生徒たちは厨房、ホール係、駐車場の整理や、それぞれの役割に一生懸命に務め、お客様に笑顔で接して最後までよく頑張りました。 お蔭様をもちまして恙なくイベントが開催できましたことを感謝しております。
     ゆるキャラグランプリ初制覇の「しんじょう君」をモチーフにした「キャラ弁」は3年連続の販売、発売前よりの行列で買えない残念お客さんも多数いました。「しんじょう君」へ、来年こそは一緒にイベントをもっと盛り上げてください。
     関係者の皆さま大変お疲れ様でございました、ご来場の皆さま大変ありがとうございました。
  • 2017.01.23 【ハーブでリラックス❤まるふく農園さんの授業】
     まるふく農園の楠瀬先生に、ハーブの授業をしていただきました!
     ハーブと言えば西洋料理のイメージがありましたが、ハーブティーとして飲んだり料理やケーキのちょっとした飾りに使われとても身近なものになっています。
     授業ではローズマリーティーをいただき、まるふく農園で育てられているハーブのそれぞれ特徴を勉強させていただきました。後半にはハーブバターの試食もして、すっかりお腹いっぱい。ああ、生姜のお茶も温かい…
     「卒業料理展ではハーブを使った料理をするので」と、さっそくまるふく農園へアポイントをとる生徒も。ティータイムをしながらのお勉強ですっかりみんな笑顔になりました。

>> 2016年TOPICSへ  

SOCIAL ACCOUNT