社会人の皆さんへ

おいしい料理を作れる人が優れた料理人とは限りません。
料理人には、料理に関する技術や専門知識はもちろん、サービスマナーに至るまで 求められるものが大きく深くなっており、日頃から想像力、好奇心、向上心など感性を 磨くことが大事です。
総合的に「食」について学び、資格を取得できます。

学費・各種支援制度

調理師科昼間部 :入学金20万円、授業料(1年)75万円、合計95万円
調理師科夜間部 :入学金20万円、授業料(1.5年)78万円、合計98万円
製菓衛生師科  :入学金20万円、授業料(1年)85万円、合計105万円  

調理師科は100万円を切る 驚きの価額、とっても、リーズナブルな授業料です。
納付方法は、割引特典の高い「一括払い」方法や資金調達の緩やかな 「毎月払い」方法など、
選択肢は3通りもあります。 
※ 各種支援制度も含め、詳しくは募集要項をご参照下さい。
また、調理師科は昼夜間部とも、包丁セット・コック服・教科書など別途費用が8万円必要、製菓衛生師科は10万円必要です。

◎ 教育訓練給付制度
従来の最大10万円だった教育訓練給付金制度が「専門実践教育訓練給付金」として拡充され、 最大32万円に増額されます。さらに、資格取得後、1年以内に被保険者として雇用された場合は教育訓練支援給付金」制度により最大48万円となります。
※ 雇用保険に加入している(されていた)など、一定の要件があります。
  詳しくはお近くのハローワークにお問い合わせください。
  ★ 入学日の一か月前(3月10日)までに申請手続きをしないと支給要件を満たしません。

キャンパスライフ

本校では、本授業の他、ボランティア活動や遠足、その他レクリエーションを通じて、同じ目標を持つ仲間達と親睦を深め、明るく和気あいあいとした雰囲気の中で、楽しく学んでいただいています。地域とふれあいながら社会を知り、学ぶことを目的とした企業見学に行ったりもします。 また、卒業をひかえた2月には、毎年「卒業料理展」を開催し、勉強の成果を一般の人に披露しています。

進路・就職について

進路については、生徒本人の希望を聞きながら、話し合いを重ねて斡旋を行っています。
本校には県内外の飲食店などから、 年間を通じて求人募集が多数寄せられています。
また、卒業生に対しても引き続き就職の斡旋を行っていますので、卒業後も本校のネットワークを大いに利用していただくことができます。

社会人Q&A

調理経験がまったくないのですが、大丈夫ですか?
大丈夫です。本校では、調理経験があるなしにかかわらず、「包丁の使い方」などの基礎からていねいに指導していきます。実際に、入学される生徒の半数以上が料理未経験者です。授業ではゆっくり確実にステップアップしていけるような実習体制をとっていますので、心配は無用です。
仕事をしながら学ぶことは可能ですか?
本校には、レストランでアルバイトしながら、学校で学んだ知識や技術を試す生徒もいます。 また、夜間の課程も設けられていますので、昼間は就業しながら学ぶことも十分可能です。
入学前に学校を見学することはできますか?
本校では、入学を希望する人に施設や授業内容を体験してもらう 「学校見学会」 を開催しています。 当日は、施設見学、学校説明、調理実習体験、試食などを行います。 日程は複数日予定していますので、お問い合せの上ご予約ください。
学校見学会についてはこちらをご覧ください
製菓衛生師の国家試験対策はしてもらえるのでしょうか?卒業してから試験を受けるまで期間があるので心配です。
 1年間の授業を通して、製菓衛生師の国家試験において十分な得点ができるよう各教科を担当する教員が指導致します。特に3学期からは国家試験対策に特化した授業を行います。
 また、卒業後も国家試験に関してサポートいたします。勉強の仕方がわからない、国家試験対策の問題がもっと欲しい!などなど…遠慮なく相談に来校してください。
1年で製菓衛生師の受験資格を取得出来るという学校の特色は魅力的ですが、十分な知識や技術が身に付くのか不安です。
 本校では、1年で製菓製パンに関する技術・知識を習得すると共に、製菓衛生師としての就職を見据え、授業のカリキュラムを組んでいます。
 また、就職に関しては、高知県内、県外それぞれの就職担当が、就職先の情報提供、履歴書の添削、面接の練習等、親身に対応いたします。
 そして何よりあなたの「やりたい」という気持ちが一番重要です。製菓について勉強したい、パンを作る仕事がしたい…最短であなたの夢を叶えるために、サポートいたします。